出版される書籍やテレビ番組の紹介記事

書籍・メディア

生殖医療専門医が不妊に!知識と体験から語る「ポジティブ妊活7つのルール」

不妊治療専門医が不妊に   不妊治療を経て二児の母となった不妊治療専門医が語る妊活アドバイス本が登場しました。著者は田口早桐(たぐちちぎり)医師。産婦人科医で、生殖医療専門医です。   長年医師として携わってきた不妊治療の現場。今度は「まさか自分が不妊治療!?」という気持ちもあったようで

続きを読む...

2016-08-09

40代からの「タフネス妊活」成功の秘訣は!?

40代からの「タフネス妊活」成功の秘訣は!?

40代美容女性誌が打ち出すタフネス妊活とは?   40代からの妊活といえば、さまざまな有名人の方が40代でも妊娠しているというニュースが増えている反面、成功しない焦りに悩まされたり、治療をやめるタイミングに迷う人も多い世代です。   今月の美ST(ビスト)には『40代

続きを読む...

2016-08-03

今私たちに必要なのはがんばらないこと!?男性不妊専門医も賛同する週末妊活のメリット

今私たちに必要なのはがんばらないこと!?男性不妊専門医も賛同する週末妊活のメリット

不妊原因は私のせい!?旦那のせい!?   以前発売時にご紹介した「週末妊活のすすめ ムリなく授かる50のヒント」の著者、男性不妊症の専門医「北村クリニック」の北村健医師は、不妊原因を女性の問題と考えることに異を唱えています。   医師によると「whoの統計によれば、不

続きを読む...

2016-04-23

40歳でママになる!北陽コンビの妊活エピソード&妊娠、育児ライフが一冊に

40歳でママになる!北陽コンビの妊活エピソード&妊娠、育児ライフが一冊に

40歳目前の妊活を成功させたお笑いコンビ   友達同士で同じ時期に出産妊娠すること自体、非常に珍しいケースですが、女性のお笑いコンビとなればその確率はさらに希少なもの。   「北陽の“母ちゃん業"まっしぐら!―同級生お笑いコンビが40才でそろって母に!」では、お笑いコンビ北陽の二人が妊活

続きを読む...

2016-03-16

いつ産むかの前に「産むか産まないか」で悩むのは罪!?「産まなくてもいいですか?」

いつ産むかの前に「産むか産まないか」で悩むのは罪!?「産まなくてもいいですか?」

妙齢女性の心の中   「いつ産むか」に悩む前に、本心では「産むか産まないか」で迷う夫婦だっているはずです。「私は産みたい。」でも夫の気持ちはどうだろう。反対に、姑や親戚、自分の両親からも早く産みなさいと言われるけど「本当に産みたいか」「産めるか不安」になることも。  

続きを読む...

2016-02-19

雑誌「赤ちゃんが欲しい」の大好評企画が書籍化!パパになりたい男性必読!?「俺たち妊活部」

雑誌「赤ちゃんが欲しい」の大好評企画が書籍化!パパになりたい男性必読!?「俺たち妊活部」

不妊治療で苦しいのは女性だけにあらず!?   もしかしたら女性からしたら「役立たず」に見える夫でも、どう協力したらいいのか、どんな言葉をかけていいのか、わからないからオロオロ…。そんな姿を見てイライラ…。気が立っている妻が怖くて、つい少し遠くから見つめている…そんな立ち位置になってしまってい

続きを読む...

2016-02-07

頑張りすぎないことも成功の秘訣!週末妊活のすすめ

頑張りすぎないことも成功の秘訣!週末妊活のすすめ

新しい妊活スタイルは「週末」がポイントに!?   妊活姿勢をリセットする、またはこれから始める人にもオススメしたいのは「週末妊活」という考え方です。これは泌尿器科医として男性不妊治療を続けている北村クリニック院長の北村健氏が提案する方法。   日本人はもともとセックス

続きを読む...

2016-01-21

筆者は「コウノドリ」のモデル!一緒に読もう!ダンナのための妊娠出産読本

筆者は「コウノドリ」のモデル!一緒に読もう!ダンナのための妊娠出産読本

テレビドラマの原作漫画には実在のモデルがいた!   今年の秋のドラマの中に、妊娠出産をテーマにした「コウノドリ」というドラマが放送されているのをご存知ですか?このドラマは、産科医でありながらジャズピアニストという、2つの顔を持つ主人公が活躍する漫画が原作。男性漫画誌で人気の連載です。主人公の

続きを読む...

2015-11-30

妊活が「作業」になる前に読みたい「いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣」

妊活が「作業」になる前に読みたい「いくつになっても夫婦の性生活がうまくいく秘訣」

妊活中は性生活が一番の難問!?   「妊活がうまくいかない」という悩みの中には、物理的に不妊治療が必要なもののほかに、「夫は、子供が欲しいというのにセックスレスのまま」「なかなか(自分・相手が)その気になれない」「いつも先延ばし…」といった場合も多く存在します。  

続きを読む...

2015-10-22

キャリアプランニングと妊活を考える人に。VOGUE11月号「卵子凍結という選択」

キャリアプランニングと妊活を考える人に。VOGUE11月号「卵子凍結という選択」

カッコよさだけでは語れない妊活の現実   仕事のキャリアアップや、自分のやりたいことを思ったところまで達成してから妊活を…と考えている人は、少なくありません。「妊活」を軽んじているつもりはなくても、「もう少し先でも大丈夫」と心のどこかで思っているのかも。   願わくば

続きを読む...

2015-09-29

mixiチェック