鉄分を摂るときに避けたい飲み物

栄養・健康

鉄分を摂るときに避けたい飲み物

貧血には鉄分!


貧血は不妊治療では何としても解消しておきたい症状の一つ。クリニックで貧血対策として鉄剤を渡される方も多いのではないでしょうか?でも鉄分は一緒に取ると吸収を邪魔してしまうものが多く、特に飲み物選びは注意が必要なのです。

 


鉄分の吸収を悪くする飲み物


1.緑茶、紅茶、ウーロン茶


最も避けたいのはタンニンを多く含む緑茶、紅茶、ウーロン茶。タンニンは、鉄と結合して水に溶けにくい「タンニン鉄」をつくるので吸収が悪くなります。鉄剤や鉄分のサプリメントを服用してるときは1時間以上、これらのお茶を飲むまで時間を置くようにしましょう。


2.コーヒー


カフェインも鉄の吸収を妨げます。カフェインといえばコーヒー。朝の1杯は鉄剤の服用時間とずらすようにしましょう。


3.牛乳


カルシウムがたくさん含まれているので、妊活として牛乳を飲んでいる方もいると思いますが、残念ながら鉄分とは相性がよくありません。カルシウムも理由の一つですが、牛乳のタンパク質もミートファクターを持たないため鉄の吸収を妨げるのです。


4.炭酸


大量摂取した場合ですが、炭酸やリン酸も鉄の吸収率が下げてしまいますので、炭酸飲料やビールも鉄剤服用時は飲む量に気をつけてください。お酒好きの方はつい杯を重ねてしまうビールですが、妊活中は飲み過ぎに注意しましょう。


5.ミネラルウォーター


お茶がダメならミネラルウォーターで、と思ってしまいますが、残念ながらミネラルも吸収を阻害するので、できれば避けましょう。

 


鉄分との相性が良い飲み物は?


このように鉄分の吸収を妨げとなってしまう飲み物は意外と多いのです。ではどんな飲み物が鉄分のサプリメントと一緒にとるのに良いのでしょうか。


薬局でもおすすめされ、最も効果的とされるのがオレンジジュース。鉄分はビタミンCと一緒でないと吸収できないため、ビタミンCを含むオレンジジュースが相棒としてナンバーワンなのです。またレストランやファーストフード店など、ほとんどの飲食店にあるので、外食が多い人にも安心です。


甘い飲み物は苦手だったりお茶を好む場合は、お茶の中でもカフェインを含まないルイボスティーはおすすめです。またほうじ茶、麦茶もOKとされています。

 

 

 

 

 

 

php_banner_300_250 (4)

 

 

mixiチェック