豚ひき肉とセロリの丼

こうのとりレシピ

卵子に元気を!子宮をふかふかに!

豚ひき肉とセロリの丼 アイラさん

セロリは3月から4月が旬の食品です。

匂いが苦手な人もいますが、嫌いなままにしておくのはもったいない。

他の野菜に比べれば少なめですが、熱を通しても葉酸が壊れにくいほか、ビタミンAと似た働きをするβカロテンも多く含んでいます。熱を通すことで独特の苦みや臭みはかなりなくなり、しゃきしゃきした触感を楽しむことができます。

血のめぐりがよくなることから妊娠中は摂取しない方がいいという人もいますが、毎日数本を継続して食べたり、養分が凝縮しているセロリシードなどのハーブを常用するのでなければ、利点の方が多い食材です。

楽しい妊活を続けるためにさらさら体質、セロリで保ちませんか?お弁当のふりかけ代わりにも重宝しますよ。

C360_2014-04-09-12-36-06-166

サムネイルをクリックすると上の画像が切り替わります。

C360_2014-04-09-12-36-06-166

C360_2014-04-09-06-25-07-320

C360_2014-04-09-06-33-21-332

C360_2014-04-09-06-37-18-356

分類:主食

所要時間:10~20分

おすすめの季節:
  2月 , 3月 , 4月


材料:

  • 【二人分】
    豚ひき肉:200g
    セロリ:1房
    ご飯:適量
    ーーー
    炒め用バター:10g程度
    塩コショウ:少々
    醤油:小さじ1
    オイスターソース:大さじ1と1/2
下準備
ひき肉を軽くほぐし、薄く塩コショウしておく。
タレとして塩コショウを2ふり位と醤油とオイスターソースを和えておく
1.
セロリは5ミリ幅くらいの細切りに。
味やにおいが苦手な人は更に粗みじんに。
2.
熱したフライパンにバターを入れ、半分以上溶けたところで
ひき肉を炒める。
3.
ひき肉の表面の赤身がなくなるくらい火が通ったら、セロリの茎→葉の順番で炒める。茎に軽く火が通ってから葉。(葉はすぐ火が通ります)
4.
茎に火が完全に通る前、少しすきとおり始めたらタレを入れて1-2分で仕上げる。
5.
ご飯をよそった丼にでき上った具をかけて完成。

アイラさん
札幌でフリーランスにてWEBデザインやポストカードなどを始めとした画像制作をしたり、色んなライター作業をしています。 すなわち広告デザインなんでも屋です(^^) お店で食べたものを自分のおうちでも再現できたらいいなあ、と日々思っており、「定番だけど、ちょっぴり新しい料理」「懐かしいけど、どこか個性」というレシピを模索しながらご飯を作ってます☆ ちなみに趣味はダーツと食べ歩き!

>レシピ一覧に戻る

「元気な体」と「赤ちゃんにやさしい体」は、必要な栄養が違います。
mixiチェック