筍と鮭の焼き煮

こうのとりレシピ

卵子に元気を!子宮をふかふかに!

筍と鮭の焼き煮 アイラさん

すこしずつ春らしくなり、季節の食べ物も変わってきましたが、

春先と言えば筍がオススメ。最近では水煮も増えていますので調理の手間も簡単になりました。

 

女性の体に優しい鮭と一緒に焼き煮にすると、ご飯のおかずに、お弁当に重宝しますよ。

水煮のタケノコを切ると白い塊が出てくることがありますがこれはチロシンというアミノ酸が冷えて固まったもの。食感や見た目が気にならない料理の時はそのままで構いませんよ。

IMG_20140428_054427

サムネイルをクリックすると上の画像が切り替わります。

IMG_20140428_054427

C360_2014-04-26-19-02-44-696

C360_2014-04-26-19-19-04-071

分類:副菜

所要時間:10~20分

おすすめの季節:
  4月 , 5月


材料:

  • 筍の水煮:1房
    鮭の切り身(出来れば塩漬けでないもの):2切れ
    盛りつけ用小ネギ:お好みで
    <つけタレ>
    砂糖:大さじ2
    料理酒:大さじ1
    醤油:大さじ1
    塩:一つまみ
下準備
筍の根元は輪切りにした後薄く格子状に切れ目を入れておく
穂先は縦半分→3-4等分に。
鮭は2-3cm幅に切る
つけタレは混ぜておく
1.
きった材料をバットに入れタレに5-10分ほどつけ込む
2.
鮭を皮目の方から焼く。2,3分して軽く火が通ったら
ひっくり返してタレと筍を入れる
3.
軽く焦げ目がついたら火を止める。盛りつけて小ネギを加え、完成

アイラさん
札幌でフリーランスにてWEBデザインやポストカードなどを始めとした画像制作をしたり、色んなライター作業をしています。 すなわち広告デザインなんでも屋です(^^) お店で食べたものを自分のおうちでも再現できたらいいなあ、と日々思っており、「定番だけど、ちょっぴり新しい料理」「懐かしいけど、どこか個性」というレシピを模索しながらご飯を作ってます☆ ちなみに趣味はダーツと食べ歩き!

>レシピ一覧に戻る

「元気な体」と「赤ちゃんにやさしい体」は、必要な栄養が違います。
mixiチェック