つわり対策!酢飯を食べよう五目ちらし

こうのとりレシピ

旦那さんの精力・スタミナアップに!

つわり対策!酢飯を食べよう五目ちらし 柚子さん

つわりのとき、あまりご飯がすすみませんよね。

そもそも、米を食べたくない・・・。においがきつい。

でも赤ちゃんのためには栄養をとらなければ!

 

そんな方には、酢飯がおすすめです。

酢には、利尿作用があり、むくみにも効きます。

 

ある方は、妊婦が酢を摂取してはいけない、と言われると思います。

理由としては二つ。

アルコールが含まれている。刺激物である。

 

確かに、酢を作る過程でアルコールが使用されます。

ですが、使用時にはアルコール濃度は含まれませんので、安心してください。

今回は料理酒を少し使います。

料理酒も、調理中にアルコール成分はなくなりますのでご安心を。

 

また、刺激物という点ですが、確かに酢は刺激物です。

一気飲みなどの、過剰な摂取は避けてくださいね。

 

「ごぼう」を使って調理しています。

ごぼうは、食物繊維が多く、免疫をあげるとも言われています。

ですが、ごぼうの過剰摂取(毎日、一本食べるなど)は妊娠中にはおすすめできません。

体を冷やし、子宮を刺激するのではないかと言われているためです。(確かなデータは、現在でておりません)

気になる方は、今回のレシピをごぼう抜きで作られると良いと思います。

P1030879-001

サムネイルをクリックすると上の画像が切り替わります。

P1030879-001

P1030872

P1030874

P1030877

P1030878

分類:主食

所要時間:30分くらい

おすすめの季節:
  12月 , 11月 , 1月 , 2月 , 3月 ,
  4月 , 5月 , 6月 , 7月 , 8月 ,
  9月 , 10月


材料:

  • 米・・・3合
    にんじん・・・半分
    ごぼう・・・半分
    干ししいたけ・・・5-10枚(大きさ、お好みによって)
    たまご・・・3個


     酢・・・60cc
     砂糖・・・20g (約大さじ2)
     しお・・・6g (約小さじ1)

    B 
     干ししいたけの戻し汁 + 水・・・ 400cc
     醤油・・・おおさじ6
     日本酒・・・おおさじ4
     砂糖・・・おおさじ4
     しょうがすりおろし・・・おおさじ1
下準備
干ししいたけを戻しておきます。
Aの調味料を混ぜておきます。
1.
( 酢飯 )
ご飯をいつも通り炊きます。
炊き終わったら、ふたを開け、保温を切ってください。

ゆげがおさまったら、Aの調味料をご飯にかけ混ぜます。
2.
( 具 )
にんじん、ごぼう、Bの調味料を火にかけます。
20-30分程度です。
味がついたら、okです。

余った煮汁は、他の野菜を煮るのに使えます。
3.
( たまご )
たまごをわり、薄く焼きます。
焼いたたまごは、荒熱をとったら、ほそくきります。
4.
酢飯に具とたまごを混ぜて、完成です。

・お好みで、「のり」を最後にどうぞ。
・以前紹介した「酢れんこん」を切って加えてもおいしいです。
・私は、酢飯を5合くらい炊き、食べきれないのを冷凍保存しておきます。
 冷凍しておけば、食べたいときに酢飯が食べられますよ。

柚子さん
海外に住んでいるため、日本食をつくれるのは自分だけ・・・みりんが無かったり、鰹節が無かったり・・・日々奮闘中です!簡単に材料を揃えることが出来、誰でも(ご主人さんも!)作れるメニューをご紹介したいとおもいます。

>レシピ一覧に戻る

「元気な体」と「赤ちゃんにやさしい体」は、必要な栄養が違います。
mixiチェック